雨があがったら

アクセスカウンタ

zoom RSS 真緒 恋心8

<<   作成日時 : 2005/06/25 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

真緒は女性と一緒に車に乗っていた橋戸を見掛けてから、落ちつかない日々を過ごしていた。
どうしてこんなに気になるのか… 電話で話しているとき、コーヒーを飲みながら談笑しているとき、そして自分を呼ぶとき…橋戸の行動全てに、自分の神経がアンテナを張ったように反応する。

「奈々子…どうしよう私…」
「何どうしたの? また何かしたの? うん〜今日橋戸さんいないじゃない。誰か別の人に怒られた?」
「ううん。 どうしよう…どうしたらいいのかな〜」
「だから〜何が〜?」
「あのね、私…」 そこまで言うと何故か涙が出た。
「ちょっと真緒 何…」 奈々子が驚いている。

涙がおさまってから、ぽつぽつ話し始めた。
橋戸が気になること、女性と車にいたこと…
「真緒ってば(笑) それ恋よ。好きなのよ橋戸さんのこと。
何とも思ってないって言ってたのに、いつの間にか好きになっていたのよ。
だから気になるし、涙も出たのよ。」
「……そう…なのかな…」
「そうよ。きちんとその気持ち橋戸さんに伝えないと。橋戸さん待っていたのよ 真緒に告白してからずっと。」
「でも あの女の人…」
「気になるなら本人に直接聞くの。橋戸さんは真緒とその女性と二股かけるような男性じゃないと私は思うけど。」
「うん…」

女性のことは、直接橋戸に聞くしかないとわかっていても怖かった。
こんなに好きになっているなんて自分でも驚いている。
(だけど どうやって言ったらいいの?)
自分の一途な想いを持て余しているような真緒だった。

金曜日 奈々子は担当部署の飲み会が有り幹事を任され早々に帰った。
「おっ 長田さん金曜に一人?」 向かいの席の吉田が声を掛けた。
「ええ…」
「じゃあ 一緒に飲みに行かないかい?」
「えっ… あの 私ですか?」
「そう 予約あり?」
真緒が返事をしようとすると
「長田さん これもう一度。」
橋戸が書類を持って真緒の机に歩いてきた。
「えっ 間違えましたか?」
「一枚分抜けてる。これじゃ会議に出せない。」
「すみません、すぐにします。吉田さんごめんなさい、今夜は無理です。」
「そのようだな。じゃあこの次ネ。」
そそくさと吉田は帰って行った。

書類を確認していた真緒が
「あの〜橋戸さんどこが抜けていたんでしょう…?」
ちょっと照れたように橋戸が笑って
「ごめん、どこもミスはないんだ。」
「ええっ〜」
責めるような声を出したが、橋戸の笑顔につられて思わず笑った真緒に
「一緒にご飯を食べたくてね。いいかな?」
「…はい。」

その日は橋戸が車で来ていたので、折角だから会社の近くは避けようというので横浜まで来た。
「横浜で和食も変だったかな。」
「いいえ そんなことないです。家ではこんなに手の込んだ料理なんて食べれないし。
おいしかったです。」
「飲めるといいんだけど車だしな。送って行くよ。」
「いえ、駅まででいいです。橋戸さん遠回りになりますから、電車で帰れます。」
「ここまで引っ張ってきたんだ。上司の言うことは聞きなさい。」
さわやかに言う。
素直に従うことにした。

駐車場に戻って車に乗ったとき (この前ここにあの女性が座っていた。)そう思うと落ち着かない。思い切って聞いてみた。
「あの 橋戸さん 先週の土曜日厚木にいませんでしたか?」
なんとなく声がうわずっている。
「土曜日…ああ あっもしかして病院の前にいたのやっぱりキミだったのか、 そうか。」
「知っていたんですか?」
「いや後姿だったからはっきりしなくて…」
「あの…あの時の女の方は…」
「ああ 姉。」 意気込んで聞いたのにあっさりと答えられ少し拍子抜けした。
「お姉さん、 ですか?…お姉さん…」 
「義兄の命日でね、一緒に墓参りに行ったんだ。」
「そうですか…」
ホッとしたら涙が出てきた。一度流れてくると止められない。
橋戸は真緒が泣きだしたので
「どうしたの?」 と聞いたが泣きじゃくるだけで返事にならない。
仕方がなく泣き止むまで待った。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
Rainさんようこそ お越しいただいて嬉しいです^^
初めてなので思いだけが先走りしているような気がしているのですが、書く楽しみの方も爆走してまして^^;
よろしくお願いしますね。

桜さんいつもありがとう♪
ここまで来たのに、最後をどうするか思案中です~~ ハッピーエンドじゃないとね〜

ゴンママさん ありがとうございます。
母も妻も嫁もそれなりに手抜きなんです^^;(仕事は手抜きできない!)それでもストレスが溜まり放題。これを書き始めてから楽しくて…不定愁訴もなんのその!!(爆)
ゴンママさんにもお勧めします(笑) もしやもう始めているとか… これからもどうぞ宜しく!
はる
2005/06/25 22:10
書き手が楽しむこと。(苦労も楽しむ。)
それがいちばん大事なんじゃないでしょうか?
私も暴走気味ですが、へっちゃらへぃ!なんちて…。
今日の話は「あるある」ボタン押す人多いのでは?
Rain
2005/06/25 22:36
こんばんは!家事なんて まるで手抜きな桜です(大爆)
上司と部下の恋 ドキドキしますよね〜へへ♪(壊)

妄想が暴走を始めると もうおさまりがつかないですよ。
でも それはそれで いいのでは^^いいのです(笑)
自分のブログなんだから 好きなように 伸び伸びと
自己満足だろうが なんだろうが構やしないのです〜☆
うん 最後まで がんばってねん♪
みんなで楽しませてもらうからね〜!

Rain・・・あるあるある!!!!!(笑)

2005/06/26 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
真緒 恋心8 雨があがったら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる